スポンサーサイト

  • 2014.05.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


to

作詞くず 作曲大野



さみしい もう会えないかもしれないの? お願い 行かないで
そんなサイン絶対見せない 笑って手を振るよ
誰とも同じじゃない 君だけの景色だ!
たまには懐かしいメロディーうたおう

諦めにも似た強がりでいつも黙ってばっか
描いてる形はほど遠く本当は泣いてたんだ
どこで見つけてくれたの? そんな優しい顔して
気付けばいつも側にいてくれたね

おしゃべりは続くよ 終わりなんてきっとないよ
恥ずかしいくらいに見透かされてゆくよ
"甘えてみてよもっと 汚れてても見せてよ"
2人のルールはいつも



全然違う だけどとても似てる2人のカラー
「何も言わなくても心配いらない わかってるから」
たった1つしかないプレゼントをくれたんだ
君の前でなら何にでもなれるよ

笑ったり泣いたり 終わりなんてきっとないよ
恥ずかしいくらいに不安にもなるよ
1人ぼっちだって知った 1人じゃないのも知った
初めて自由になった

おしゃべりは続くよ 終わりなんてきっとないよ
恥ずかしいくらいに取り乱してしまうよ
約束はしないよ いつだってここで会えるよ
いつものルールでこれからも

evergreen

作詞くず 作曲taro


優しい音 聞こえる街の中
溶けてく 2つの足音
こんな気持ちどこから来るんだろう
何にも知らない横顔

寒いねって近づいて その腕に触れてみたい
そんなこと出来ない右手は
ポケットの中

優しい光灯っていく街に
響いた2つの笑い声
そのコートがよく似合ってるから
ほんとは泣いてしまいそう

友達の2人なら ずっと一緒にいられる?
そんなこと考えるのは 恋してるから

願い事叶う夜なら 私に触れてほしいのに
そんなこと 気づかない左手は
ポケットの中

ボーダー

作詞くず 作曲大野


踏みしめた ザクザクと赤いじゅうたんの上
切りたての髪の毛をそっと揺らしていく風

誰も知らない本当の姿 ストールに顔うずめ
憧れている正しい影に近づけないまま

いつでも間違わずにいられたら笑ってくれたかな
甘い匂い いつの間か消えてた 染まっていく街で


笑ったり悩んだり 青いこの星の上
飽きもせず繰り返す やさしい物語

口に出せない気持ちばかりが期待外れにさせる
目に見えるもの ただそれだけが信じられる形?

いくつも落としてしまったもの 見付けようとして
しゃがんでみる 優しい色の街で大人になれずに

いつでも間違わずにいられたら笑ってくれたかな
甘い匂い いつの間にか消えてた 染まっていく街で

dressing

作詞くず 作曲大野


胸の中でいつでも名前呼べばすぐに
いつもの笑ってる君に会える 確かなメッセージ刻むよ


ハロー… 出会って始まっていく 何から話そう
ハロー… そう言ってつながっていく また会えるかな

「サヨナラ」はいつも突然 足音なくやってくる
あと何回こうして笑い合えるだろう?

面倒で愛しい やり取りを続けよう
そう 一人じゃない 会いたいって思う人がいる
胸の中でいつでも名前呼べばすぐに
いつもの笑ってる君に会える 確かなメッセージ刻むよ


「ハロー…」そう言って始まって「また会いましょう」
「ハロー…」そう言って繰り返していく 「また会えるかな」

プレゼントじゃ足りなくて 言葉だってもどかしいんだ
誰かを大切にする方法知ってる?

帰り道なにかと思い浮かべてるよ
そう 一人じゃない 会いたいって思う人がいる
胸の中でいつでも名前呼んでみてよ
ねえ 嘘じゃない 夢じゃない 確かに会いに行けるんだ


面倒で愛しい やり取りを続けよう
そう 一人じゃない 会いたいって思う人がいる
胸の中でいつでも名前呼べばすぐに
いつもの笑ってる君に会える 確かなメッセージ刻むよ


ハニー

作詞良(Ryo)・くず 作曲良(Ryo)


気が付いた時には もう恋に落ちてた
何気ない一言でそう 確信に変わった

キオクの中の言葉を集めて あなたに届けたくて

こんなにもあなたの優しさにふれたら
幸せって気持ちがとても素直に生まれた
時はやわらかく流れた


どんなきっかけでもほら あなたにつながった
どんな景色さえもすぐあなたに重なった

ゆっくりと溢れる言葉を並べて いつでも届けたくて

こんなにもあなたの優しさにふれたら
いつの間に涙が そして笑顔がこぼれた
時はあたたかく流れた

こんなにもあなたの優しさにふれたら
幸せって気持ちがとても素直に生まれた
時はやわらかく流れた





オリジナル

作詞くず 作曲大野


思い出すよ 1人さみしくて今にも消えそうな夜を
誰かの声が月明かりのように 守ってくれたんだ

キレイな物より似ている物に惹かれた

だから ありのままを出来るだけたくさん込めて
喜びも悲しみも もう 隠さないように
言葉をはみ出すキモチも ありったけ形にしよう
ひとりじゃないよと教えてくれた あのうたの様に

私に起こった全ての出来事
こうして出会った全ての人々
私の弱さも あなたの言葉も
「ありがとう」

うたうよ ありのままを出来るだけたくさん込めて
喜びも悲しみも ほら 私を作ってくれたよ
言葉をはみ出すキモチも ありったけ形にしよう
ひとりじゃないよと教えてくれた あなたの様に


 


手紙

作詞 鶴田晋一 作曲 鶴田晋一


過ぎ去りし日々をとても 懐かしむ今日この頃です
くだらないことで笑いあえた春も
些細なことで喧嘩した冬も

思い出せば 数え切れない幸せ
素敵な日々を ありがとう…

泣き出しそうな空の下 サヨナラ告げた あの日の記憶
まるで昨日の出来事のように 私の胸にいつも いつの日でも


季節はめぐり 時間は流れて
あの日どうして 上手に言えなかった 私の心
この言葉に乗せて あなたを今 想う


伝えたい唄がアルんだ!!!

作詞くず・サカイアキラ・鶴田晋一 作曲大野・鶴田晋一


雨上がり傘をフワリ投げた いろとりどりの世界へ
あじさいの花たちがLatta…ta
今スグ君に会いたいなあ

カラフルな長靴はいて
クラッカー 音と共に
サイダーの水しぶきがLatta…ta
今スグ君に会いたいなあ

どこか急ぎ足な街並み
濁ってた歩道がキラキラ眩しいや

伝えたい言葉ポケットに
ギュッと握りしめながら
隠し持ってた ずっと持ってた
やわらかいありのままで「もういいかい?」
きっと泣き虫な僕らは1人きりじゃうたえない
そっと取り出そう 光に当てよう ありふれた愛見つけよう


またあえるかな
風が吹く頃


そっと取り出そう 光に当てよう ありふれた愛見つけた


2U

作詞くず 作曲大野


ポツリ 瞬きで落ちた雫 誰も知らないストーリー
そうやってずっと ずっと歩いてきたの?
頑なな扉叩くよ

そっと話してくれてもいいよ 雨のせいかな?って誤魔化すのもいいね
こうやってずっと ずっと側にいるから
その内呆れて笑うまで

街中に広がってく雨の匂い
膨らんだ髪の毛 愛しくって笑うよ
堪えてたひとつひとつを並べてみよう
ありのまま そのままでいられるかな


キラリ 跳ねてる水溜まり 心波打つ優しさのあまり
そうやってずっと ずっと戸惑ってたの?
なれない形 光と影

街中に弾んでく雨のメロディー
濡れてる睫が可愛くっていたいよ
堪えてたひとつひとつを認めてみよう
ありのまま そのままでいられる様に


「本当」はその胸に一つだけ光ってるはず
どうしても塗りつぶせない消えない光だ


街中を洗い流した雨の粒
光った鼻先 愛しくって笑うよ
堪えてたひとつひとつも愛せたなのなら
灰色にリボンかけてあげよう



はらはら。

作詞くず 作曲大野


くるりとカギをかけて今日も 自転車にまたがって
スタートしようとしている 街も風も人も眩しすぎて目を伏せたんだ

ああ どうしてなんだろう 夢じゃないだろう 咲いたもも色
願ってもはらはらと一瞬で色を変えてくなあ

ここから跳べるか
ああ 忘れたくはないよ どれも
でも少しくらいは置いて行かなくちゃ
僕を好きだった君を


どこからかのウワサで 知ったその後のストーリー
「動揺する」ってこういうことだな

うかうかしてたら散っちゃうんだ いつも
淡いもも色
つないだ手 はらはらと
いつの間にほどけてしまったんだ

ここから跳べるか ああ 忘れたくはないよ だけど
今頃誰かと見上げてるの?
君の好きだった景色を


どこまでも跳べる ああ 自由な大人がここに
そろそろ ほら 行かなくちゃ
僕が決めた場所まで



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
只今の時刻
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM